任意整理

任意整理とは裁判所を通さず、債務者と債権者が和解することで借金を整理する手続きです。

借金残額を利息制限法に則った利息で再計算して、払い過ぎた分を減らしたり、返してもらったりすることで、借金を大幅に減額し、今後3~5年で完済できるような返済計画で和解をします。

司法書士や弁護士に依頼した場合には、専門家があなたの代理人としてすべてを行います。


任意整理のメリットとデメリット

【デメリット】

〇 新たな借入ができない・・・任意整理をすることで、5年程度はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうため、新たなお借り入れができなくなります。

〇 共生的な借金免除ではない・・・裁判手続である自己破産などのように借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。


【メリット】

〇 催促電話がストップ・・・任意整理をすることで、貸金業者(消費者金融など)からの催促の電話がすぐにストップします。

〇 将来の利息がカット・・・任意整理をすることで、重い金利負担を抱える複数の消費者金融からお借り入れがある方などの将来払うはずの利息がカットされます。

〇 払過利息が返ってくる・・・任意整理をすることで、払いすぎた利息が返ってくる可能性があります。


任意整理のお手続きの流れ

  1. 無料相談にて詳細をお伺いします
     「最近、収入が減少し、借金の返済が苦しくなってきた」、「借金生活から抜け出し、早く安心できる普通の生活に戻りたい」、
     「最近CMや広告で 任意整理という言葉を見かけるけど、何だろう」
     任意整理のご相談前のお客様は、悩みを一人で抱え込まれ、何とかしたいけどどうすればいいのか分からない」
     という状態の方がほとんどです。
     借金がどんなに多くても法律で整理できない借金はありませんので、任意整理の無料相談にお問い合わせください。
     任意整理のメール・電話相談にてお伺いした情報の確認と、ご依頼いただきました場合のお手続きの流れをご説明いたします。
     お客様が納得されるまで十分にご説明をさせていただきますので、任意整理についてご不明な点、説明で分かりづらい点などは、お気軽にご質問ください。
  2. 委任契約
     ご来所いただき、当事務所での貸金業者(消費者金融など)との和解交渉のお手続き、
     また期間・費用の面にてご納得・ご確認をいただいております。
     その上で 当事務所の司法書士とお客様との間で正式なご依頼(ご契約)を交わしていただいております。
  3. 当事務所より状況の確認
     過去の貸し借りの取引履歴を貸金業者(消費者金融など)に開示請求をし、
     利息制限法に基づいた過払い金を全て算出いたします。
     貸金業者(消費者金融など)の合併など、分かりにくい過払い金返還の請求先なども調査・確認いたします。
  4. 貸金業者との交渉
     過払い金を取り戻すため、お客様のご希望を伺いながら、当事務所の司法書士が貸金業者(消費者金融など)に
     過払い金の返還額を直接交渉し、和解契約、または訴訟などのお手続きを行います。
  5. 結果
     ご返済計画と方法についてお客様に説明させていただき、過払い金が発生する場合には返金させていただきます。
     お客様の生活状況に応じた無理のない返済計画に基づき、 ご返済をスタートしていただきます。

そもそもどうして任意整理をするのか?

 それは、ズバリ借金の額を減らしたいからです。
 では、借金を減らすには、どうすれば良いのでしょうか?
 借金整理をするには二つの方法があります。

 まず初めに金利の引き直しを行います。
 本来、消費者金融は年利15~20%でしかお金を貸すことができません。
 しかし、実際は年利20%~29.2%で貸していたのです。

どうしてこのような状況が生まれたのか?

 本来、15%~20%より高い利息は取れないのですが、"借りる人が任意に20%より
 高い利息を払ってくれたら、それは受け取ってもいいよ"ということなのです。
 しかし、29.2%より高い金利でお金を貸すことは犯罪となり、借りる人が任意で
 返済しようが、貸した側は、逮捕されてしまうのです。

 その結果、多くの消費者金融は、ギリギリの29.2%で貸していたのです。
 つまり債務整理とは、任意に払っていた20%を超えた利息を
 本来の金利15~20%に引き直して返済するために行うのです。

 また、本来の上限金利15~20%以下で借りていた場合は、金利の引き直しができません。
 ですので、貸金業者(消費者金融など)との話し合いにより、
 借金の総額自体を減らします。これが二つ目の方法です。

 もちろん、任意整理の場合、貸金業者(消費者金融など)の了承が必要となります。
 しかし、まったく回収できないより、小額でも回収できたほうがいいと判断して、
 減額に応じてくれる貸金業者(消費者金融など)も多いのです。
 この借金の総額を強制的に減額、または免除する手続きを民事再生や自己破産と言います。
 この手続きは、裁判所に申し立てて行いますので、貸金業者(消費者金融など)が了解しなくても
 強制的に借金を減額させることができるのですが、その代わり色々な制約がつくのです。

 このように、金利の引き直しや、借金の減額を行って、
 2年~3年で借金を全額返済できるようにするのが債務整理です。
 また、自己破産は債務をすべて免除する手続きのことを指します。
 実際に債務整理の費用はどれくらいかかるのでしょうか?

→債務整理の費用の詳細

 金利を引き直した結果、債務の減額どころか、多く払い過ぎてしまっていたケースがあります。
 この場合、消費者金融から、逆に払いすぎた利息を返してもらう手続きを行います。
 これが、過払い金返還請求です。
これに該当する方は、即刻手続きをとりましょう!
 債務がなくなり、さらには、お金が返ってくる可能性があるのですから!

任意整理をする際の事務所選びのポイント

1.任意整理をすることで、過払い金をどのくらい取り戻してくれるのか?

2.任意整理をすることで、借金をどのくらい減らしてくれるのか?

3.任意整理をすることで、重い将来利息をどのくらい減らしてくれるのか?

4.任意整理について安かろう、悪かろうの交渉内容ではないか?

5.任意整理依頼から、業務完了までのスピードの速さはどうか?

6.リラックスして任意整理の相談をできる事務所かどうか?

7.真剣に任意整理を希望されるあなたと向き合える事務所か?

新大阪法務司法書士事務所の任意整理のご料金について

基本報酬 20,000円 (1社あたり)
成功報酬 減額金の10%(最低20,000円)
過払金の20%

 任意整理の相談は無料、いつでも対応できますので、納得いくまで任意整理についてご確認できます。
 お客様に、本当にやさしい任意整理の無料相談、任意整理の事後相談、任意整理後の未来の指針となるシミュレーション、
 正確なグレーゾーン金利の計算技術、決して妥協しない粘り強い交渉や訴訟、スピーディな業務完了、そしてなにより、
 お客様に安心と納得と勇気を感じていただくためのホスピタリティをご提供するための限界ラインとしての
 任意整理の料金設定を行っております。


※別途経費等の実費が必要になります。

※報酬額に別途消費税がかかります。

※訴訟提起する場合は、別途訴訟費用(実費)が必要になります。